豊かさとは

Category*アメリカ ドテラ社インセンティブトリップ
0
私が do TERRA (地球からの贈り物)と出会い
エッセンシャルオイル&植物性ミネラルを
仕事の一部として取り入れることを決めた2017年9月

これまでに
他のエッセンシャルオイルを使っていないわけでは
ありませんでした。


2011年3.11の震災があり、
これまで使用していたエッセンシャルオイルは全てといって良いくらい
手放していました。
違和感を感じていたからです。

2012年に山形へアトリエ*ジェムカフェを建設するとき
祈りの中で得た土地は龍の導きによるものでした。

5つの水晶玉を地鎮祭の際に奉納し、
また建物を囲むように
100株以上のハーブで満たし
自分自身の責任のもとに
ジェムカフェをご利用頂けるお客様への
サービスに ハンドクリームを作り分けていました。

震災で受けた
心のダメージは
未来を描くことで、後ろを振り向かないように
していました。
今までのことに折り合いをつけ
真実を探求しようとしていました。

震災の時に
〝世界に影響を与えくださる誰か、大地の怒りを
鎮めてください〟
そう祈っていました。

それから、人びとの心の悩みを受け止めることに
大変なエネルギーを使っていました。

2017年は
自己の探求の年でもありました。
9月に ドテラのエッセンシャルオイルが
私に向かって来た時、

何か使命感のような感覚が湧きおこってきました。
その一滴を使うこと
そこから人びとの才能に希望を与える一滴となることは

どれだけ多くの方の悩みを乗り越える力となれることか、
と直感的に感じました。

人のもつ
ネガティブな感情は
大抵、乗り越えることが出来る時に
感じます。
クリスタルやエッセンシャルオイルで
ネガティブな意識をシフトし、
闇に光を与えれば良い、
その時に、クリスタルやエッセンシャルオイルを
仲立ちしてくれるコンシェルジュのような
存在が私たちのお仕事となります。

ただ
ツールがいくら本物であっても、

仲介する私たちのエネルギーの在り方も問題です。

〝より良い人になる〟ことは
〝より乗り越えていく〟ことに似ていて
ドテラの仕事は そういうことを自然に教えてくれる。
仕事として受け止めている方は ドテラは〝スピリチュアルな仕事〟
だということを感じとられていることと思います。

なぜドテラ社ができたか。
なぜ以前の会社から数名が移り新しいエッセンシャルオイルを
追い求め研究し、会社を創り世に出したか。

善の人間であれば、
そうしていくことは健全なことだと私は思います。
見て見ぬふりをしていたら
嘘は必ずバレるのです。

2018年7月
ドテラを知り一年ならない時
たくさんの方々にシェアをした功績で
インセンティブトリップでドテラ社の研究室を見学する
ことができました。
その時に
ドクターヒルよりブレンディングを教えて頂いたり
開放的なドテラ社のカフェテリアを利用したり
エグゼグティブの会議室にお邪魔したりと
素晴らしい経験がありました。

その中で、ドテラ社創業役員
ディビットスターリング社長の自宅へ
遊びに行かせて頂いた経験は生涯忘れることがないでしょう。

ディビット スターリング社長

ディビット スターリング社長

ディビット スターリング社長


スターリング社長の自宅には
馬小屋があり、ちょうど仔馬が生まれて
数日経ったところでしたが
母馬と小馬が楽しく室内のコートを走り廻っていて
本当に可愛いいでした。

バーベキューのキッチンカーから
ビュッフェのようにお皿にサービスしていただき、自由で
とても美味しく頂きました。

ディビット スターリング社長ディビット スターリング社長

敷地には川が流れ、スターリング社長が運転するバギーに
順番に乗せてくれました。

シンプルで楽しいゲームが用意されていて

私は初めての輪投げでキャーキャーー
大騒ぎしてしまいました。
近くにヤスくんがいて
私にコツを教えてくれて
見事牛の角にかかりました!

ディビット スターリング社長

多分、人生の初体験でした。

フォークダンスをしたり、相手が誰かも分からず
(まだドテラを初めて1年満たっていなかったので)
お友達がたくさん出来た感じでした。

トイレを借りようとスターリング社長の家に入ると、
彼の子供達がダイニングのテーブルで宿題をしている様子でした。
普通のどこでも見かける光景と、
トイレを貸して、と言うと
丁寧に案内してくれて とっても嬉しかったです。

日が落ちて
スターリング社長と
近ずける時間がありました。
通訳の方もいらっしゃったので、
質問してみることにしました。

〝スターリング社長、いつも大切に思っていることは何ですか?〟

すると
こう応えてくれました。

〝皆んなに才能があって皆んな乗り越えることが出来て、
皆んなが成功出来る可能性があることだよ、それを信じている〟

わぁ!とてもシンプルで、とても力強い!

ディビット スターリング社長

青い瞳が印象的でした。
この方が創業役員であって、社長であれば間違いない!
だって
私もそれを信じて今まで生きてきたから。

もう一つの可能性、植物の世界を通じて
私は もっともっと人びとの闇に光りを与えられる人になれると
確信をもちました。

私は
父の宝石の会社を24歳で継承し
〝石は何の意味があって地球に生まれたか〟のところを探求し、
唯一無二のその人に役立つ御守りジュエリーを提唱し創り続けてきました。

第二次大戦中、インドネシア諸島やビルマで 陸軍通信隊
副官を努めていた父が終戦後 生きるために事業を興し
〝八紘一宇〟の文字から東京貴紘を社名とし光りを広げるという意味を込めました。
私の代でお店を持つことが出来、〝1人ひとりの心と身体を輝かせる〟ことを追求してきました。

ジェムは英語では宝石いう意味ですが、
ラテン語では〝葡萄〟という意味を持ちます。
ヨーロッパでは葡萄は生命力と豊かさの象徴です。

家族で営む
ジュエリーサロン〝アトリエ✳︎ジェムカフェの店名には
〝心が豊かになる、そして元気になって自分を信じ人生が良くなっていく
このことを見護るジュエリーを提供していく〟という決意と想いが込められています。

3代目の私の息子も、経営の勉強の中で
その考えを探求しました。

ヘルデライトジェムカフェオリジナルジュエリー
瑠璃色の地球を歌っていた時にヘルデライトクリスタルは
引き寄せられました。メンバーのほとんどの方が
この〝進化と改革〟を意味するクリスタルをお持ちになりました。

人が人のお役に立つことを提供することは
人としてあたり前なことで、
人に光りを分け与えることで、笑顔になりその光りが
伝播していけば、戦争は起きないでしょう。

傷を負ってしまったらその修復にとても時間が
かかります。


心で思う事は外側への現象を創ります。

本当の〝豊かさ〟とは
物質に囲まれることではなく
心が愛で溢れてている感覚、

愛し、愛されている感覚を感じること、
だと思います。

宝石の仕事も、
精油の仕事も、

家族、仲間、
そして皆さんに感謝申し上げます。

ディビット スターリング社長







0 Comments