2018.3.2乙女座満月 平塩熊野神社御塞神祭に行って参りました。

Category未分類
0

平塩熊野神社御塞神祭に参加させて頂くのは6度目となります。


初めに声をかけて頂いたのは〝斎藤くん〟

〝石〟で斎藤くんとご縁が結ばれました。

ですので斎藤くんとは長い付き合いになります、

 平塩の神様にはそういった意味もあります。

感謝の意を込めて…


2012/10/18アトリエ ジェムカフェの日々Blogより》


 斎藤くん本当におめでとう♡ 斎藤くんがいらっしゃると、お店が急に明るくなるんです。 だって、最高の奥様と一緒にハッピーオーラで一杯なんですもの♡ 斎藤くんは、〝ストロベリークォーツ〟で 結婚が急加速しました!


今ではアトリエ*ジェムカフェのローズクォーツ、マリア天使とストロベリークォーツは伝説になりました。


斎藤くんの熱い情報は、今度の日曜日の結婚式よりまた記事を更新します!

(お呼ばれありがとうございます) 

マリッジリング&エンゲージリングをアトリエ*ジェムカフェでご用意させて頂いてありがとうございました♡お二人の幸せをアトリエ*ジェムカフェは見守ります♡ 


20180304144526ca6.jpeg 



 

✳︎《アトリエ ジェムカフェの日々Blog 2012/2/7より》

ここ、山形県寒河江市にあるアトリエ ジェムカフェより20分、南西の方角にある平塩地区。 旧歴115日にあたる昨日2月6日に、その地区、平塩熊野神社御塞神祭(おさいじんさい)がありました。 お客様の斎藤くんのご実家は熊野神社の御膝元、心に沁みいるように流れる川の音が歴史を物語るような風情を見せてくれる場所にあり


おじいさまは「宮司」だったと言うお話しを伺っていました。 そして2月6日の平塩熊野神社の御塞神祭に、いらっしゃいませんか~とお誘いを頂いていたのです。

お店が18:30までの営業なので参加出来るか心配でしたが、なんとお祭りは夜、開催されるとのこと。


斎藤くんのご好意に感謝し、初めて赴きました。 


昨年和歌山県新宮市、熊野速玉神社の御神木について教えて下さった方がおりました。私の住んでいる地域で神棚にお供えするのは「榊」。

その榊のような存在が和歌山では「凪」だそう。

その時、渡された凪の葉を名刺入れに今でも入れています熊野神社は和歌山にルーツがあると言うこと、その時わかりました。

平塩神社は、〝熊野神社〟と言うこともお祭りに参加するにあたって初めて知りました。 この時期〝八咫烏〟のことや、山形 ・出羽三山神社とのつながりの話しをお伺いする機会があったりお客様より八咫烏のお守りを頂いたり

何かと熊野神社の神様の守護を頂いているように感じます。

神様からお導きを示して頂けるよう、常に心清らかでいたいと思います。



さて、少し緊張している私達を斎藤くんは心よく迎えてくれました。

なんでこんなにナチュラルなんだろう~? 親戚のお兄ちゃん、って感じがする… 座敷には30人くらいいるのでしょうか?

親戚でもご近所でもないのに、とても親切にして頂いてお酒やご馳走のお持てなしを受けました。 



 煮込みや、煮卵、玉こん、お漬物。お母さんの手づくり料理を美味しく頂いてふと隣を見ると社長が周りの人と仲良くお酒を酌み交わしています。

お酒っていいですね~楽しく飲めるお酒♡ 



20180304144852bf1.jpeg 201803041448532c3.jpeg


さて、お祭りの趣旨。


当日の朝、神社総代や一山衆がスノーモービルで山を走り松の木を切り出す。社務所で長さ20cm40cm位の御神体を彫り、神社で入魂します。その後、参道東端にある塞の神に奉納し、その後集まった人々にまかれ、拾った人には御利益が訪れると伝えられているお祭りです。 


花火が鳴りました。御神木に入魂して、下にある「塞の神」に向かって「出発だよ~」という合図。


今まで宴だった空気の中皆んなか外へ行こうと、私もちょっとふらつきながら、コートを着てバックをもち準備をしようとすると


「荷物置いていがねどダメだ~」耳あてをしようとすると

「もみくちゃになるからダメだ~」と… 嗜まれ。

よほどハードなお祭り⁈ 


そして斎藤くんの家から通りに出ると 

タイミングよく御神木をもった、総代の方々が通り

私や吉田さんは気持ちが最高潮になりました。


20180304145202b86.jpeg 20180304145200e3c.jpeg


何と御神体を持たせて頂きました! 


 その後、みんな通りの方々や総代の方々が一緒に歩く形になって、

塞の神の丘までついていきました。

ウキウキワクワク遠足みたい♡ 


 斎藤くんのおじさんが親切にナビゲーションしてくださいます。

20180304145332149.jpeg 



御神木を〝塞の神〟に奉納し、祝詞をあげる総代の方々 


20180304145506a89.jpeg 



 皆さんにも祝詞を祓いたまえ清めたまえ… 


20180304145504a27.jpeg 


20180304145502ae7.jpeg



 御神木を手に入れようと必死な若者たち。消防団の方々も協力して、怪我のないように見守っておりますがもみくちゃになっていました。 


201803041455078f4.jpeg 



この御神木。子宝 出産にはとてもご利益があると聞きました。

私は、今年〝新しい店を生みます。〟

そんなタイミングにこのお祭りに参加出来、温かい人情にふれ、平塩の歴史を感じることが出来ました、


そこに斎藤くんが、「帰って反省会!するょっ」と。 反省会(^^;; そして、また御宅に上がらせて頂き… 


初めて参加させて頂いたお祭りの様子も興奮しながらお話しし

 「楽しかったから、ブログに書きますね~ブログのタイトル何て書けばいいですかね~?」 (^^)「平塩の一日ってかいだらいいべ」 ←方言


20180304145853e00.jpeg 


 美味しいお料理を作って振る舞ってくれた斎藤くんのお母さん。 楽しく教えてくれた皆さん。 「神仏習合」の歴史を語って頂き、1000年分のお位牌を見せて頂き、ここ平塩地区、熊野神社の地区はかつて出羽三山神社に参拝する方の宿坊であったことなど語ってくれたお父さん。本当にありがとうございましたm(_ _)m 《文章中、吉田さんはお祭りの御利益を頂きご結婚され苗字が変わりました、この場をお借りし、お礼申し上げます》 そし20153月、

斎藤家にも新しい家族が増えたのです。


 …………………………………………………………………………………………………


201832日満月

旧暦115 


6度目の参加になります。

あれから6年の歳月が経ちました。


斎藤くん、斎藤くんのご家族、そしてここに集まる方々が

何一つ変わらず、

変わるといえば

より〝縁〟が深まっていくこと…


今回はYukiさんの希望もあってお連れいたしました。



2018030415175489f.jpeg 




20180304163335dca.jpeg


挨拶をし、席に着くとお母さんが〝田楽餅〟と〝田楽豆腐〟を…

熱々でとっても美味しく頂きます。




 

201803041633508c2.jpeg20180304163340f61.jpeg


8時になりました。

満月が見護る中、

総代の方々が正装し、御神体を運びます。

斎藤くんの家を出て左を見ると熊野神社 右を見ると女性の神様のある所…


201803041633503ba.jpeg


毎年、

参列者が増えているようで

テレビ局も数社、明かり灯の照明が付き

眩しいくらいです。

それから、いつも私の服装を見て、

上着を補充してお世話をしてくれる!

薄着は怒られます。



私は神事ごとは静かなほうが好きです、

そして

奪い合いは好きではないです…


いつも見護り役になります。



2018030415381369f.jpeg 201803041538220e5.jpeg20180304153823d45.jpeg


いよいよ始まりました。

20180304154504c70.jpeg 

やっぱりこうなります。

若い男子は こうなりますね!



20180304171340f23.jpeg 

私は今回 6枚のお札を授りました。



満月の精霊は


〝皆さんのことは全て見えてますよ〟

と言っております。今年も平塩の熱い心のお祭りは幕を下ろします…

 

このお祭りは〝良縁〟を育て、さらに良い縁を呼び込む

人情味溢れるお祭りだということを確信しております。


201803041633487c6.jpeg 


平塩熊野神社は男の神様、女の神様の御利益を頂き

夫婦が円満に営み その心を伝承するお祭りでもあると思います。

斎藤くん! また来年も宜しくお願いします😃✨






0 Comments