常磐線と愛と縁と勇気

Category未分類
0
私もよく常磐線を使っていたの。
上野駅から乗り換えで柏駅まで。

娘のところに行くのに
常磐線はとても便利。

柏駅で降りてわざわざ徒歩で行くのよ。
まず、香取神社に立ち寄って
この土地で
娘がお世話になっていることに感謝をしてから
マンションまでテクテク歩く、
知っている人はだれもいないから、
遠くを見て集中してた。

マンションから
試合のために
都内や神奈川まで行くにも
同じことよ。

神様に挨拶してから
駅に向かう。

ある時、神社に隣接している社務所
の中から おばあちゃんが私に手招きしたのね。

側にかけよると
〝あなたは何才なの?〟と聞かれ
〝娘のことや、今から試合を観に行くこと〟など話しをすると


〝私はこんなに歳をとってシワがあるんだけど、
背中は曲がっていないのが自慢〟

〝あなたは自信をもって前を向いて進みなさい〟
〝私も いつも前だけをむいて進んできたから背中は曲がらなかったんだよ〟
と包み紙が可愛い飴を2つプレゼントしてくれました。

香取神社 
〈2016・7 柏 香取神社〉


心が励まされ、
飴はお守りになりました。

こんなタイミングで
愛のあるコミュニケーションが出来ることは
奇跡のように尊いことでした。



携帯のラインニュースで
〝常磐線 電車の中で赤ちゃんが生まれた話題〟に目が釘づけになり
最後まで読みきった時 心がものすごく熱くなりました。

隣席の女性の異変に気づき、声をかけ、
そして自分のことを伝え、タオルがあって、
周りに協力を仰いで、電車を待たせるため大きな声をだして、

生まれ出ずることにコントロールはきかないのは
自然の摂理ですから…!

ご自分のお子さんの着替え分やタオルがなかったら
赤ちゃんは 無機質な床に放り出されたかもしれなかった。

周りが協力してくれたから
お母さんは 赤ちゃんを落ちつきの中で産むことが出来たんですね。

全く見ず知らずの人の中での
たまたま結ばれていた〝縁〟

〝縁〟が結ばれるに至るには
目には見えない数多くの〝働き〟があるでしょう。

気づいた女性も
出産した女性も
生まれた赤ちゃんも

皆んな〝生かされていること〟に〝感謝〟をしながら
または〝祈り〟〝前を向いて〟生きていることでしょう。

香取神社 
〈2016・7 柏 香取神社〉

大いなるものは
ちゃんと見ていてくれますよ。
あなたは
1人ではないですからね。





0 Comments