子供たちへ、大切な〝心〟をつたえること…

Category愛と天使を感じる時
0
 人と宇宙のリズムの不思議を伝えてくれた私の大好きな本のことを書いた過去ブログの記事

トムテ
✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 
しんしんと冷える真冬の夜空に
星が冷たく瞬いている。
森に囲まれた農場では全てが眠りについている。
月は静かに空を歩み
屋根は
木々につもった雪をさえざえと照らしている。
目をさましているのは、
小人のトムテただひとり。
白い雪に小さなかげをおとして
トムテはたたずみ、農場を囲む遠くの森をみわたした。
数えきれないほど長い年月
トムテはこうしてこの農場の夜番をしている。
トムテは月を見上げてふとつぶやいた。
“わしには まだ、どうもよくわからん。〟
トムテはひげとあたまをなでまわし、首をふった。帽子もゆれた。
“いや、なんとも難しい問題じゃ。わしの手におえそうもない。〟
けれどトムテは気を取り直して
いつもの夜の仕事にとりかかった。
食料小屋と牛小屋をまわり、戸口の鍵を確かめた。
月明かりに照らされた小屋の中で、
牝牛が夏の夢を見ていた。
手綱からも轡からも解き放たれて
馬もやっぱり夢を見ていた。
目の前の飼い葉桶が、かぐわしいクローバーでいっぱいになる夢を。
羊の小屋では
子羊が親羊に寄り添って眠っていた。
鳥小屋では立派な姿の雄鶏も、高い止り木で休んでいた。
トムテが犬小屋に近づくと、
温かいわらの中で犬のカーロが目を覚ましてしっぽをふった。
カーロはトムテをよく知っている。
トムテとカーロは仲良しだ。
トムテはそっと母屋へ入り
主人夫婦を見守った。
2人はトムテを大事にしていてくれるから。
それからトムテはつま先だって、最後に子供部屋に入っていった。
可愛い子供たちを見るために。
これがトムテの1番の楽しみだから。
昔からトムテは子供たちを見守ってきた。この子供たちのお父さんが子供だった時も、おじいさんが子供だった時も、トムテはこうして見守ってきた。
だが人は何処からくるのだろう。
子どもが親になり、またその子供が親になる。賑やかに楽しく暮らし、
年老いてやがて逝ってしまう。
だが、どこへ行くのだろう。
トムテはつぶやいた。
“難しすぎる。私にはやっぱりよくわからん。〟

…………
…………しんしんと冷える真冬の夜空に星が冷たく瞬いている。森に囲まれた農場ではあらゆるものがまだ眠っている。
月は西に傾いて屋根は木々に積もった雪を柔らかく照らしている。
眠らないのは
小人のトムテただひとり…
✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎
20年前、
Xmasが過ぎて、お正月を迎えるまでの間ぐらいに、私の子供たちに読み聞かせていたお気に入りの話。
物語の舞台、北欧の雪の世界と、
私が身をおいている山形の冬の世界が似ている気がしたのと、トムテという名ではないけれど自然の畏敬の念が天使や妖精の形になって見守っているということをいつも感じていたし、命と自然のリズムの神秘は、
自分が子供だった時、既に感じていたから…絵本を通じて、心を育てたかったんだね。
絵本はひらがなだけで
私の子供たちは自分で読めたと思うけれど
声の音を空気にのせると
散文詩のように耳に美しく響く
  
〈雪のアトリエ✳︎ジェムカフェ〉 

きっと、
子供たちにも、自分にも、そして
トムテにも聞こえるように、
感謝を込めて伝えたかったのでしょう~
20年たった今日も
しんしんと雪が降り
目に見えるものも、目に見えないものも〝生かされいる〟という〝今〟に感謝をします。


0 Comments