pancake

Category愛と天使を感じる時
0
15才から離れ
〝自分の道〟を進む娘に
〝食べること〟だけは教えたつもり。
もちろん〝食べることは、プレーヤーとしての必須条件〟
アカデミー時代のコーチも娘にそう教えてくれた。
滅多に電話をかけてよこさない娘から
〝熱が出た〟と連絡があった時は
仕事を放り出して、スーツケースにその時自宅の冷蔵庫にあったものを全部詰めて新幹線に慌てて乗った、買い物の時間も惜しかった、駅で降りて早足で娘のところに行った。
試合の時にはアカデミーで練習してから試合会場へ向かう選手たち、私たちは仕事を終えて、夜山形を出る。
朝、練習場に着く。
その瞬間に食べれるように必ずオレンジを食べやすいように切ってたくさん持って行った。
私は、〝食べる〟ことは〝命〟そのものだと思っている。
娘の人生に、私が出来ることはそう多くはなく、せめて〝手料理〟を作ることだった。
関東での仕事が終わり
待ち合わせをした。
夜遅くなってしまったけれど
時間通りに娘と…
あの時のように慌てなくていい、
ゆっくり食事が出来る、
笑顔があって、何でも食べる、
〝心〟が強くなったのは
娘も私も〝その時出来ることを一生懸命やったから〟
 




 娘は私に似ている。
だから
〝また今度会う時(恥ずかしい大人ではなく)良い報告出来るようにがんばるね!〟LINEをした。
 
 pancake 
ご馳走さま、美味しかった💓

0 Comments