長野善光寺 0~9

Categoryスピリチュアルリトリート⛩神社 祭り
0
お朝時を再び拝見したいと、
皆んなで宿から歩いて…
  
方位版を見つけ
 
 仁王さまにご挨拶
  
大好きな場所…
朝早い時間なので〝お数珠もらい〟も出来て、並んだ人と世間話し。長野の人ってとても元気、世話好き✨
父が眠っている松代も、すぐそこ。
  
朝事が終わり、闇の回廊を歩き
御線香を買ったら、鳩に朝ご飯あげていたら
皆んなとはぐれて、
毘沙門天さんに呼ばれました。
朝事のお勤め終わられたお坊さんがこの通りを歩いている、
 
呼びとめて尋ねた。
古い掛け軸があって、2017,08,08に
封印を解いた。
 裏に書かれてある文字
 
 弘化四丁羊年
に描かれた古い掛け軸。
調べてみたら
その年号に、長野 大地震が発生した。
 描かれているのは、〝宇賀弁財天〟
  
意味があって私が 封印を解く。
詳しく調べるには、時間はずっと後だと思ったけれど、ここは長野、目の前にお坊さん。
思わず尋ねた、
〝200年くらいに善光寺界隈で起きた地震について知っていることあれば教えてください。〟
お坊さんはすぐに応えてくれた
〝善光寺御開帳中に起きた地震のことですね。この道を本堂のほうにまっすぐ歩いていくと、地震塚があります、参考になれば…〟
 
約200年前に 雲涯さんが描いた
宇賀弁財天様、毘沙門天、大黒様
そして15導師が描かれた掛け軸。
もう一つ、大正13年、と年号が。
調べてみたら、関東大震災があった翌年のこと…
皆んなが、入り口で待っていてくれたので事情を話した。
宿に一度もどり、朝食を頂いてから
地震塚までもう一度行ってくれると言ってくれた。
嬉しい!
雨が降っていたけど、
皆んな一緒に来てくれた。
途中、老舗の写真館に入ってまた確認して…
見つけた!
 
 
小学生の時、父親と
〝ルーツ〟というテレビを見て感動し、
長野の菩提寺から過去帳を見せてもらって 不思議な感覚になった。
脈々と続いていくご先祖様からの恩恵のうえに私が存在する。存在することが奇跡。
そうやって生かされていて
明日のご飯に困らなくて、
仕事が出来て、
私が元気だと喜んでくれる人がいる
幸せなこと。
だから、
お金を搾取し、エネルギーを奪い、
妬んだり、僻んだり、する方は、
そんなことをバネにして 向上しているように見えても
震撼する嵐のエネルギーに、いずれ気づきのために巻き込まれるでしょう。
そんなメッセージが聞こえてくる。
この掛け軸に描かれた弁財天さんは、
本当の〝強さ〟を教えてくださっております。
✳︎こちらの掛け軸は、表具屋さんに丁寧に染み抜きなどして頂いて間もなくアトリエ✳︎ジェムカフェで御開帳させて頂きます。
次回Blogは 諏訪大社。

0 Comments