24歳の私 雑誌LEEに寄稿していました。

24歳の私 雑誌LEEに寄稿していました。

その年に一歳になる息子の 夏の出来事お昼寝の間に書いた文章愛読雑誌 LEEに寄稿していました。寄稿した文章が掲載されたのが 父が亡くなった10月突然の死だったので、編集者からのお知らせの封筒はそのまま放置してしまい、どこに置いたかすらも分からなくなっていました。下の子供も成人してふとその時のことが思い出されて、だけど お知らせの手紙も、雑誌もあるはずがなく考えあぐね、数年前に初めたFB(フェイスブック)...