情熱の赤が似合う時

情熱の赤が似合う時

小学生が中学生になる時のように1つの節目を終えてまた新しい景色を見たくなる私は自分に挑戦出来ることに嬉しさを覚えます。そんな時には〝赤〟を身に纏いたくなり赤のワンピースを着た時に偶然ご来店のお客様が〝はっ〟としたように 〝とても良く似合います!〟と褒めてくれます。普通なら浮き立ってしまう心境の時に振り回されることなく自分の中をよく見ることを習慣にしていますが、誰にも何にも伝えていないのに私の心...